himiko のすべての投稿

ムダ毛処理ってほんとうに面倒ですよね

ムダ毛処理のことで悩んでいるなら絶対に脱毛サロンに行くことをおすすめします。自分で処理するのって面倒ですよね。しかし脱毛サロンにさえ行ってしまえば、お金は少しかかるものの一生美しい肌が保証されます。

施術は痛いのではないか、という不安があるなら心配無用です。今の技術は素晴らしく、私はほとんど痛みを感じませんでした。施術後1週間くらいすると徐々に毛が抜けていきます。もちろんこのときも全く痛みはありませんし、毛が抜けた箇所からはしばらく毛が生えません。

何度かサロンに通いこれを繰り返すうちに、完全に毛が生えなくなります。というか、2回目の施術頃から自分でムダ毛処理をする必要はほとんどないと思います。脱毛サロンに通うことはメリットばかりです。脱毛する部分によっては30分もかからずに終わるのに、一生ムダ毛を気にすることがなくなるんですよ?すごい楽ですよね。

施術自体もお店の人と話しながらできるので、リラックスした状態であっという間に終わります。サロンに通うことが全く苦ではありませんでした。むしろ日々自分が綺麗になることを実感できます。ムダ毛処理に悩んでいるのなら、早めに脱毛サロンに行った方が良いです。確実に理想の肌を、そしてそれを永遠に手に入れることができるからです。なにより自己処理する必要がないのがとっても楽です!

そんな私が通っていた脱毛サロンはミュゼですが、来月の5月に成田のイオンタウンにミュゼがOPENするそうです。ミュゼ成田店と言うそうですが、これからOPENするのでお店の中は凄くキレイで店員さんもスゴくキレイな人ばかりなんじゃないかなって思っています。もし通える人がいたら成田店に通えない私にぜひ感想を教えてください(笑)

生理前の辛い悩み・・・精神的に追い込まれること

35歳以降、生理前10日くらいから、異常な焦燥感に悩まされるようになりました。何もかも腹立だしいのです。

自分でもどうしてこんなに怒るのか、八つ当たりの理由もないのにすべてに怒りがこみあげてくるこの不安定な精神状態。

自分でもどうにかなってしまいそうになる・・・そう、怒りの矛先はすべてに対してであり、自分にも自分で剣を突き刺し始めるのです。

怒りがすべてに湧き上がるのはなぜなのか、こんなことで怒らなくてもいいはずなのに、気分は最悪で辛くてたまりません。

生理が始まれば元の自分の精神状態が戻ってくるのですから、女性ホルモンが理由であることはほぼまちがいないと自分で認識しています。

今はこの時期はこういうものだから、腹をたてているのは自分の心ではなく、体が誤作動しているのだと自分に言い聞かせてやり過ごしています。

生理前の辛い悩み・・・おなかの膨満感と満腹感のなさ

生理前4日くらいから、おなかが張り始めます。この生理前の辛い悩みは結構切実で、おなかが張っていると服もきつくなるし動きは緩慢になります。おなかが丸く出てしまっているのに、おなかは満腹感がなく、かなり食べてしまう。

よけいに苦しくなるし食べ過ぎた自分が嫌になるという悪循環があります。なぜ、こんなに満腹感がないのか、よく噛んで食べているのにいつもの量では満足しない・・・つい、おやつを食べてしまう。おなかは張り続けるしもう嫌で仕方がありません。

せめて満腹感をカロリーの少ない食事で得るようにしようと、寒天やゴボウやこんにゃくを食べるようにしていますが、甘いものの誘惑は断ち切るのが難しく、小さなゼリーやチョコレートも欠かせません。早く生理終わりたい・・・といつも念じています。

生理前の辛いイライラにはサプリも良いそうです。

いざ料理へ

広々としたキッチンで料理開始です。私達大人の分と子供の離乳食を同時に作るということで、とりあえず役割分担をしました。5人を一グループで料理を作るんですけど、もう調味料や野菜も用意されていてあとは野菜を切って調味料を入れるだけです。何と簡単なんでしょう!!時間が限られているからスタッフさんが準備してくれたんでしょうね。本当に有難いです。これで一人300円は安いですよねえ♪毎週やってほしい催し物ですよ。子供は預かってくれるので料理も気兼ねなくできますし、ママさんとも会話しながら楽しく過ごせました。ご飯も娘なしでゆっくり会話しながら食べることができるので本当にリフレッシュになりました。毎週本当にこの教室やってほしいですね。月一でもいいので(笑)そうこうしているうちにもうご飯は出来上がりましたよ。本当に美味しそうな料理♪こんな余裕は家に帰ったらないので本当に贅沢な時間でしたね。バランスの良い食事はいいですね。

今日の娘

今日の娘は相も変わらずでしたよ(笑)朝早く起きて、声を出しながら歩いて止まることがありませんね。今はまだまだ歩けてるっていってもめっちゃ転んでますけどね。これが普通に歩けるようになったら大変だ。抱っこしてても歩きたいって言いそうですよね。スーパーで一緒に歩いてたら私は買い物どころではありませんよね。考えるだけで怖いです。。。まあ、成長している証拠ですよね。今まで特に大きな病気をしないで順調に成長していることに感謝しかありませんね。まだ突発もやってないからいつやるかなと心配してますが、このまままだとやらずに大きくなるかもしれませんね。突発をやらないことってあるのかな。どうなのか分かりませんけど、健康に育ってくれれば何の問題もありません。今日はお昼寝が10時からだったので起きたのが12時ちかくでした。それから準備して出掛けましたよ!!めっちゃ暑かったので、マスクして日焼け防止のためにアームをつけて帽子を被っていざ出発です。

他人事、しかもアメリカながら

デジタル・デトックスが流行りだしたのは、
アメリカが最初だそうで、

話は時々聞いていましたが、
定着してきたんだねえ、どころか、
商売にしている会社が出てきたそうで、

早っ!と思ったところです。

なんでも商売にしてしまう人がいるものですが、
つい最近、デジタル・デトックスという言葉を
聞いたばかりなのに、もうかい!と思ってしまいました。

スマホからなにから全部預けて、
何日もデジタルなしの生活を体験するために、
合宿だかキャンプだか、するのだそうです。

しかも、禁酒だそうで、なぜ?!

せっかくのキャンプとかで、そっちのほうが辛そうです。

お茶とかジュースとか、
スポーツドリンクで過ごすのでしょうか。

デジタル機器から開放されて、メールチェックも忘れて、
仕事の話も禁止。大自然の中で爽快にキャンプ!

バーベキューとかやるんでしょうか。
アメリカだから、芋煮会じゃないでしょうし。

でも禁酒。ビールもだめなのかな。

私はそんなに飲むほうではないのですが、
他人事ながら、えーっと思ってしまいました。

整理されてます。

転勤族の人にはちっともかないませんが、
私は何度か引っ越しをしたことがあるので、

そのたびになんだかんだ片付けますから、
だいぶ持ち物は整理されています。

あらー、こんなものがあったなんて。
ということが、めったにありません。

どっちかというと、あったはずのものが、
引っ越しのドサクサにまぎれてなくなっている。

いやまさか、いくらなんでもあれは捨てないだろう。
捨てた記憶もないし。とかなんとか思ってても、
どこを探してもない。

先日も、そういう本が一冊あったばかりです。
いくら慌てたかなにかしていても、
あんなに好きだった本を捨てるわけがない。

そのうち、どこかから出てくるだろうと
思っていたのですが、ずいぶん経ったし、
これはどうも、いよいよないな、と。

引っ越しでバタバタしてるときに
間違って捨てるというよりは、
移動のどさくさで物を見失うらしいのですね。

ですから、
昨日、片づけをしていて見つけたものは、
本当に驚きました。

まさかこれが残っているなんて。

私はそういう思いをしたことが、
全くといっていいほど、ないのです。

乗ってもいい所ですが

サッカーのワールドカップブラジル大会が間もなくですが開幕をします。

この時期になると各放送局では中継をしていますが、日本戦となると燃え上がるのです。
必ず芸能人がレポーターをしてくるのです。

特にテレビ朝日系列は香取慎吾さんが団長になって盛り上げているのです。
この人になってからは負けた事がないと言っていますがそれだではないのです。

深夜のトーク番組「アメトーク」もサッカー芸人で盛り上げているのです。
他局では負けないイメージがあったと思います。

フジテレビ系列はAKB48グループを卒業したての大島優子さんがこのレポーターで務める事になっているそうです。

今、盛り上がっている中で辞退した人がいるのです。

それが岡村隆史さんなのです。

依頼はあってそうですがすべて断ったそうです。
理由としては「岡村はW杯に便乗しているタレントだと見られたくない」事で断っていたそうです。

でも、ほとんどの人がやっているので1本でもいいのではと思っています。
乗っていくのもいいのかなぁと思われています。

「便乗」は言い過ぎだと思いますが調子ものだと思っている人だと思っています。

岡村さんは熱狂的な人ではないので大丈夫だと思っています。

でも、雑誌はいい加減の所もあるので要注意なのです。
やっても良かったと思っています。

他のキー局がどんな風にするのか盛り上げていくのか見届きたいと思っています。

来週で5月も終わりですが、来月になれば梅雨も吹き飛ばすと思っています。

でも、パロティーはやめてもらいたいと思っております。
関係者は必至なのですから。

午後から

起きてからもダラーとしていた私です。娘も起きた時はボーとしてたんですけど、時間が経つと元気になって色んなものを散らかす旅に出ました(笑)携帯を触ってると私の所へ来るのでとりあえず、布団カバーを干して掃除機をかけました。そうこうしてると、お義母さんから連絡があって、旦那の実家に行くことにしましたよ!!準備をして旦那の実家に行きました。外に出ると本当に暑くて風がまだ幾分あるからいいものの、これが無風だったらきつかったですねえ。旦那の実家に着くと、義妹二人と両親がいましたよ。最初は様子を伺っていましたが、慣れると色々動き回って大変でした。色んなものを出したり、投げたりして見てないと怖いですね。色んな人に娘を見ててもらって私は楽できましたよ!!終始ご機嫌な娘でした。ご両親が娘を連れて買い物に行ってくれたので私はのんびりスマホをいじったり、テレビを見たりして過ごしましたよ。こういう時間久しぶりだなと感謝しました。モラージュ佐賀 ミュゼ

友達

クリニックに着いて暑かったので椅子に座ってのんびりしていると赤ちゃん連れの人が入ってきました。3ヵ月ぐらいかなと勝手に思っていて近くに来たのでちょっとお話ししましたよ。そしたらもう6ヵ月になる女の子のようです。私はそれを聞いてビックリして声が出ませんでした。ちょっと失礼でしたよね(笑)6ヵ月のようには本当に見えなくて、小っちゃかったからです!!娘と違い過ぎて驚きました。娘がでか過ぎるんですかね?!0歳児の3ヵ月違いって結構差があるんだなと思いました。最初に話した瞬間から奥さんの日本語がちょっと変だなと思いました。多分日本人ではないなと確信しました。でも出会ったばかりだし、国籍聞くのも失礼かなと思ってやめましたよ。大人になったな、私。私、いつも思ったこと聞いちゃうので(笑)一番驚いたのが、私が「いつも何時に寝てるんですか?」と聞くと「12時ぐらい」と言いました。「!!!!」て感じでしたね。いや、もう少し早く寝かさないと。

一瞬の町

その町には、大きな映画館があるそうです。
大きなショッピングセンターもあるらしい。

県庁所在地でなし、新幹線が来てるわけでもない。
普通の電車が来るくらい。

どの程度かは知りませんが、
まあまあ、大きい町だそうです。

あれだけでっかいシネ・コンがあるんじゃねえ。
そりゃまあ、小さい町とは言えないでしょう。

この辺りでシネ・コンあるのは、
そこくらいしか知りませんでしたから、

シネ・コンではない、
「ただの大きな映画館」のある町なら、
他にも一つ、知ってますが。

「この辺りで唯一シネ・コンがある」という、
ただこの一点で、行ってみるかなと思った町ではありました。

思ったものの…
そのままずっと、忘れてました。

ある時、電車に乗っていて、
突然、その町の名前を耳にしました。

目的地と反対側の路線に、間違って乗ってしまって、
その町の駅に着いてしまったのです。
慌てて、正しい路線に乗りなおしました。

初めてその町に行ったのに、滞在したのは一瞬でした。

爆発と崩壊

爆発の風景を描ける人というのは、
美術館などで観覧することができますが、
たいがい重いテーマです。

私は爆発は描けないので、

たとえば商業アニメで、
適切な色彩と形状のデコレーションを描き出し、
場面にふさわしい爆発シーンを演出し、

そういった絵を描ける人の頭の中は、いったい
どうなってるんだろうと思ってしまいます。

実際の爆発を観察する機会は、
日常生活ではないわけですから。

爆発シーンが不得意なのは私だけでなく、
世界的なものらしいです。

アニメの爆発シーンが得意なのは日本人、と
聞いたことがあります。

理由があって、戦時中の戦意高揚アニメで、
爆発シーンが多かったから、だそうです。
そこから日本のアニメの爆発シーンが発達した。

戦意高揚アニメなんて、とんでもないのですが、
「桃太郎」やら「水兵」やら、いざ観てみると…

これこそ「認めたくないものだな」でしょうか。
見事な仕事をしてるんだ、これが。職人としては、ね。

ビルの爆破解体がニュースになることがありますが、

建物の崩壊シーンでも、日本には見事なシーンがあります。
描きこみが膨大できめ細かいせいか、数分の短いシーンです。

梅か桜か

今日は降水確率80パーセントとのことで、
実際に、朝出かけてみたら小雨だし、
久しぶりに寒いので、
いったんしまったダウンジャケットを出しました。

ここ何日か、あったかい日が続いたので、
寒いなという気がしますが、
実はそれほどでもありません…
雪ではなく、雨だものね。

毎年、二月ごろに雪がふって、
さすがもー降らないだろーってころに
もう一回降る、くらいのペースだったのが、

今年は、バレンタインにどかっと降って、
その後、もう一回降りますという天気予報がでたのですが、
そっちはたいしたことなくて、
それからは日に日に過ごしやすくなってました。

こういうパターンの春先は、珍しいかもしれません。

せっかく春の夜歩きが楽しくなってきたのに、
今日は雨降りの夜歩きで、きつい寒さではないけど、
マフラーなしではいられません。

田舎のことで街灯が少なめ。

でもよく見ると、あっちもこっちも、花がたくさん咲いてます。
梅か桜か見分けられないのですが、けっこう多いです。
春まで、もうすぐです。

間違い電話

引越しをして、固定電話の新しい番号を取得してから訳半年になります。ところがこの新しい番号、あまりにも間違い電話が多いのです。
固定電話は最近ほとんど使うことはありませんよね。うちも、主人の実家くらいしか固定電話にはかけてきません。だから、滅多に電話が鳴るはずはないのですが、1日に1回は鳴っていますね。それのほとんどが間違い電話です。
それが、またいろいろなところと間違えられるのです。「○○田内科ですか?」とか、「すいません、ざるそば二つで」とかです。明らかに声が違うと思ったのか「あら、えーっとごめんなさい、間違えました」と切られることもよくあります。ごめんなさい、と切ったくせにすぐまたかけてきて、また謝って切る人もいます。
他にも「あ、私ぃ、今駅だけど」って、「私ぃ」と言われてもどなたですか?と聞く以外ありません。
個人情報満載のFAXも流れてきます。どこかの工務店と間違えられたようです。
もうなんだか慣れてしまいましたけど、本当は番号を変えてもらいたいですね。

人の賛同がいる?

しばしばネット上で見かけるのが、他人に賛同してほしいと思っているであろう言動です。
たしかに、誰からも理解されないというのはさみしいものですが、他人に自分の行動についてそこまで賛同してもらいたいものでしょうか。

よく見かけるのが、夫と私のどちらが正しいかというものです。
では、皆があなたに賛同したら納得するのでしょうか。
おそらく、そのような人はホラ、みんなこう言っているとして、そのサイトを見せるでしょう。

こと男女間においては普通がなかなかあてはまりません。
ですから、他人に聞いたところで参考にならないと私は思うのです。
それよりもあなたが我慢せきるかどうかです。
我慢できない、許せないと思えば、一緒にいることは難しいでしょう。
ただ、それだけのことです。

たしかに、夫なる人物の普通でない行動が描かれているものもあります。
しかし、普通でないとあなたが思うのならば、他人に聞かなくても従わなくて良いと思いますし、従わそうと相手が思っているのならばDVの一種でしょう。

スマホ最大のメリット?

私が使っているローカル線にも、
やっとスマホが普及してくれました。
すっ…ごい、遅かったです。どうしたんだろう。

日本でもっとも電車代が高い。
昔から、そういう噂の絶えない電車です。

人の噂であって、
統計かなにか、確認したわけではありません。

少なくとも私自身は、
そういう統計とかを見たことがないのですが、

「ここは日本一高いのよ」というのを、長いこと、
ずっと聞いたり、聞かされたりです(同じか…)。

いわゆる都市伝説なのかもしれませんが、
ここ、全く都市じゃないしね…。

電車代が高いということは、
それだけ使う人が少ないということ。
つまり…電車に乗ったことのないような人が、
電車に乗ってくるということ。
以前は乗りたくとも乗れない電車でした。

座ってスマホしたきりが大勢並んで、電車はずいぶんマシになり、
なんとか使える路線になりました。毎日ゆっくり寝られます。

忙しい上、きちんと自己管理しないといけない私には、
ここでの通勤時間は、大切な休憩時間なのです。

なんか、書いててヘンですが。

ローカル新聞

ネットで数日おき、
しょっちゅう見ているローカル新聞があります。
連日見るときもあります。

最後に行ったのが、何年前かな。
何度も行ったことのある町のローカル新聞です。
私にとっては、自分の庭と同じ。

たまには行きたいなあと思って見てるのですが、
それもあるのですが、

ほとんど毎日、朝の町の風景を撮影してくれて、
その写真が載ってるのです。

写真のフレームに対しての被写体の構図、
レイアウトがいつも優れて安定してるので、
ずっと同じ人が撮影してるのかもしれません。

それを見るのが楽しみ…というのかなあ。
ここに行きたいのになあ、
今こうなってるのかーという感じで、見ています。

有名な観光地ですが、
町の税収は大半が農業によるものと聞きました。
農業中心の町なのです。

町で気まぐれに、農家の人から玉ねぎを買ったのですが、
玉ねぎの皮ががっちりしてて、全然むけない。味は抜群。

玉ねぎって、皮がむきにくいほど、美味しいのです。
今までに最も、皮がむきにくかった玉ねぎかもしれない。

見たいとこしか

ワープロの原型はタイプライターじゃないかな、
と思ってるのですが、どうなんでしょう。

根拠がなくて、私が思ってるだけなのです。

昔のワープロは、一行しか表示できませんでした。
一行ずつ、丹念に、丹念に、入力していったのです。

そのあたり、タイプライターと似てるので、
ワープロの原型なのかなーと思ってるのですが。

プリンタで印刷するのも、
昔は一行ずつ、丹念に、丹念に…

私は見ていたことがあるから平気ですが、
今のA4一気に数秒でプリントを見慣れた人は、
眺めてると気が遠くなるかもしれませんね。

三行ずつプリントできる、
革命的ワープロってのが発売されて、
皆で大騒ぎしたものです。したんですよ!

そういう「数行ずつ」の製品が長く続いたからかな。

文章の一部しか目に入らない人間が増えた、
という説を書いてる人がいました。

たまたま目に入った一行を読んだだけで、
あーだこーだ言い出して、キレる。

そうでなくても、

人間、見たいとこしか見ない。

あのユリウス・カエサルが言ったそうです。