生理前の辛い悩み・・・精神的に追い込まれること

35歳以降、生理前10日くらいから、異常な焦燥感に悩まされるようになりました。何もかも腹立だしいのです。

自分でもどうしてこんなに怒るのか、八つ当たりの理由もないのにすべてに怒りがこみあげてくるこの不安定な精神状態。

自分でもどうにかなってしまいそうになる・・・そう、怒りの矛先はすべてに対してであり、自分にも自分で剣を突き刺し始めるのです。

怒りがすべてに湧き上がるのはなぜなのか、こんなことで怒らなくてもいいはずなのに、気分は最悪で辛くてたまりません。

生理が始まれば元の自分の精神状態が戻ってくるのですから、女性ホルモンが理由であることはほぼまちがいないと自分で認識しています。

今はこの時期はこういうものだから、腹をたてているのは自分の心ではなく、体が誤作動しているのだと自分に言い聞かせてやり過ごしています。

生理前の辛い悩み・・・おなかの膨満感と満腹感のなさ

生理前4日くらいから、おなかが張り始めます。この生理前の辛い悩みは結構切実で、おなかが張っていると服もきつくなるし動きは緩慢になります。おなかが丸く出てしまっているのに、おなかは満腹感がなく、かなり食べてしまう。

よけいに苦しくなるし食べ過ぎた自分が嫌になるという悪循環があります。なぜ、こんなに満腹感がないのか、よく噛んで食べているのにいつもの量では満足しない・・・つい、おやつを食べてしまう。おなかは張り続けるしもう嫌で仕方がありません。

せめて満腹感をカロリーの少ない食事で得るようにしようと、寒天やゴボウやこんにゃくを食べるようにしていますが、甘いものの誘惑は断ち切るのが難しく、小さなゼリーやチョコレートも欠かせません。早く生理終わりたい・・・といつも念じています。

生理前の辛いイライラにはサプリも良いそうです。